毎日歯磨きをしていてもおこる歯のくすみや黄ばみは印象も悪くなり気になりますよね。
この歯の着色汚れは「ステイン」が原因です。CMなどでもよく聞くので単語は知っているという方もいらっしゃると思います。

ステインを除去し、きれいな白い歯を取り戻すためには、ステインがどのようなもので、どういう仕組みで着色してしまうのかを理解するのが近道です。
このサイトでは、ステインがついてしまう仕組み、ステインを除去する方法、その予防方法などを載せています。

目次

1.ステインの原因は何?
2.ステインを除去し歯を白くする方法
3.ステインを除去したのちに白い歯を保つ方法
4.白い歯をキープできる薬用ちゅらトゥースホワイトニングとは
5.薬用ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ
6.薬用ちゅらトゥースホワイトニングの購入方法
7.薬用ちゅらトゥースホワイトニングの使い方
8.まとめ

1.ステインの原因は何?

chura02
子どもの頃は白かったはずの歯。毎日歯を磨いているのに黄ばみやくすみ等の着色汚れがおこります。
この歯の着色汚れのことを「ステイン」といいます。ステインの原因は主に3つあげられます。

(1)ステインが付きやすい食べ物を摂取している
(2)間違った歯磨きをしてステインが付きやすくなる
(3)加齢によりステインが定着する

1-1.ステインが付きやすい製品を摂取している

ステインの原因になるのは、主に食事と喫煙です。
これらに含まれている色素が唾液中の成分と結びついてステインとして歯に付着してしまいます。

ステインが付きやすい食べ物とその成分

コーヒー、ワイン、チョコレートに含まれるポリフェノール
紅茶、赤ワイン、柿、バナナなどに含まれるタンニン
緑黄色野菜や野菜ジュースに含まれるカテキン
ブルーベリーやプルーンなどのアントシアニン

ステインが歯に付着する仕組み

歯の表面をコーティングしている「エナメル質」は唾液が作り出す「ペリクル」という厚さ1マイクロメートルぐらいの薄い被膜で覆われています。このペリクルがステインを作る働きをします。

ペリクルとは何かというと、唾液由来の糖タンパクからできているもので、それ自身は特に有害ではありません。歯磨きをしても数分後には歯の表面に形成されます。つまり私たちの歯の表面には常にペリクルが存在しています。

ペリクルの性質は歯に良い作用と悪い作用をもたらします。その悪い作用のほうで、ステインが歯に付着してしまう原因となっています。

◆ペリクルのもたらす良い働き

歯の表面をペリクルが覆っていると、歯を外からの刺激から守ります。
特に、歯を虫歯にしてしまう酸からエナメル質を守る役割が大きいです。
他には、歯の再石灰化(自然治癒)を促す役割もあります。

◆ペリクルのもたらす悪い働き

ペリクルは粘性が高く細菌や食べかすを吸着しやすい性質を持っています。なので、歯磨きを怠って不衛生にしていると、虫歯の原因菌のミュータンス連鎖球菌などが住みつきます。
ポリフェノールやタンニンやタールなどの着色性物質もペリクルに取り込まれていきます。時間がたつにつれ、ペリクルはエナメル質に定着していくため、ステインも一緒に歯に付着していってしまうという仕組みになっています。

タバコのヤニは強力なステイン

タバコに含まれる三大有害物質はタール・ニコチン・一酸化炭素です。
タール=植物樹脂(ヤニ)で、樹脂で強力なステインです。松脂などを想像していただけるとわかりやすいと思うのですが、粘着質で撮りにくい物質です。 喫煙所の壁などが黄色く変色しているのはこのタールがこびりつき黄色く見えているからです。

1-2.間違った歯磨きをしてステインが付きやすくなる

みなさんは歯をどうやって磨いているでしょうか?ステインを除去しようとして粗い研磨剤入りの歯磨き粉でゴシゴシ力を入れて磨いている人は要注意です。

研磨剤が含まれた歯磨き粉でゴシゴシ磨くと、歯の表面のエナメル質が削れて傷つき、傷ついた部分に汚れが付着して、更にステインが付きやすくなってしまいます。
ステインを除去したいときは、エナメル質を傷つけずにステインを浮かせて取るポリリン酸などの成分が入っているホワイトニングジェルを利用するようにしましょう。

1-3. 加齢によりステインが定着する

子どもの歯は、淡いクリーム色をしていますが、年齢を重ねていくと肌の老化と同じように歯も老化するので茶色に変色します。
そのうえ、日々のハミガキで取り除けなかったステインが歯に付着していき、その期間が長いほど落ちにくくなるので、長年の落としきれずに溜まっていったステインがどんどん蓄積されて黄ばみがひどくなっていきます。ステインが定着する前に歯磨きでこまめに汚れを落としていくことが大事です。

2.ステインを除去し歯を白くする方法

chura03
ステインの原因が分かったら、次に知りたいのはステインを除去し歯を白くする方法ですね。
その方法は市販のものを使って家で行うものと、歯科でしてもらうものに分けられます。

(1)市販のステイン除去グッズを使う
(2)歯医者でホワイトニングしてもらう

2-1.市販のステイン除去グッズを使う

市販のステイン除去グッズには超音波でステインを除去していくものや、電動歯ブラシのステイン除去機能を使うもの、ホワイトニング歯磨き粉、ホワイトニングジェルなど多種多様なホワイトニンググッズがあります。

◆ステイン除去の専用グッズを使う

ジャパンギャルズ Wトゥースホワイト
twjpg
出典 http://www.amazon.co.jp/
ダブルトゥースホワイトは歯のエナメル層に優しい毎分200万回の超音波振動+イオンを発生するスクレイパーで、 ブラッシングだけでは落ちにくい、ステイン・ヤニ・歯垢汚れなどの頑固な汚れを 浮き上がらせ、すっきり除去するステイン除去専用マシンです。

毎分200万回の超音波&イオンでステイン・ヤニ・歯垢など、頑固な汚れをすっきり取り除きます。
超音波振動がブラシに付着する水を振動させ、歯間・歯茎の細かい汚れをパワフルクレンジング。
イオンで、落ちにくい汚れの分解を助け、清潔で白い歯に。

◆電動歯ブラシのステイン除去機能を使う

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン
%e9%9b%bb%e5%8b%95%e6%ad%af%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b7
出典 http://www.amazon.co.jp/

ソニッケアーは音波水流による強力な洗浄力で、コーヒーやタバコなどによるステイン(着色汚れ)を減少させ、歯本来の自然な白さに近づけることができます。
ステインを除去し、歯に自然な白さをもたらすブラッシングモード(2分間の強力なステイン除去+30秒間のつやを出す動き)。自然な白い歯を目指す方におすすめです。

◆ホワイトニング専用歯磨き粉を使う

全薬工業 オーラパール
ora

ナノ粒子化した薬用ハイドロキシアパタイトが歯表面の目に見えないミクロな傷を修復します(再結晶化)。歯の表面がなめらかになることで、白く輝く"歯本来の白さ"を取り戻します。

市販のホワイトニング歯磨き粉には、漂白効果のある成分が入っているので、歯の表面に付着した汚れを取り除くことができます。
製品によっては、研磨剤の粒子が大きく歯のエナメル質や茎を傷つけてしまうものがあるので注意が必要です。

◆ホワイトニングジェルを使う

薬用ちゅらトゥースホワイトニング
chura04

以前タバコを吸っていて、歯の隙間が黒くなってしまい、やめたあともその色が残ってしまい悩んでいました。
ホワイトニングジェルを使ったら歯が健康な白さに戻りました。歯茎の色まできれいになったのには驚きました。

歯磨きをした後にジェルをつけてブラッシングし、汚れを浮かせて除去できるのがホワイトニングジェルです。
研磨剤不使用だから歯が傷つきませんし、歯茎の炎症や口臭予防にも効果があります。
医薬部外品として歯が白くなる効果を厚生労働省から認定されている商品です。

2-2.歯医者でホワイトニングしてもらう

歯医者さんで行っているホワイトニングの事を「オフィスホワイトニング」と言います。

歯のホワイトニングの料金は、白くしたい本数、希望の白さ、使用するシステムによって料金が変わってきます。

・一般歯科で1回30,000円~50,000円
・ホワイトニング専門歯科で1回5,000円~30,000円

これプラス…診察料、クリーニング料金、本数の追加料金、コーティング料金がかかるのでかなり高額になります。

<歯医者さんでホワイトニングしてもらう時の注意点>
ホワイトニング治療には、保険が適用されません。全額自費負担となるので、一般的な治療と比較するとかなり高い金額になります。 更に、1回のホワイトニングにかかる時間は30分~60分。週に1度、月に3回ほど通う必要があります。

<ホワイトニングが出来ない場合もあり>
・人工の歯の場合
・虫歯や歯にひびがある場合
・無カタラーゼ症の人
・妊娠中の人
・未成年

3.ステインを除去したのちに白い歯を保つ方法

歯の汚れが気になるときは、お金はかかりますが一番手っ取り早く歯を白くするのは歯科でホワイトニングをしてもらうのがおすすめです。
しかしその後も以前と同じような生活をしていけばまたステインが付着してしまうので、ホワイトニングした後に白い状態をキープするよう生活にステインを予防する動作をとり入れることが大事です。

ステインを予防するのに効果的な予防法があります。

3-1. 食後にうがいをする

もちろん食後の後に歯磨きをするのが望ましいですが、外食などで歯が磨けない場合は、食事の最後に水を飲むようにするか、食後にうがいをする習慣をつけましょう。
水で汚れやステインのもととなる色素を洗い流します。

3-2. ゴシゴシと強い力で磨くのをやめる

やわらかい毛の歯ブラシを選び、軽い力で歯を磨きましょう。
毛の硬い歯ブラシで力を入れて歯をゴシゴシと磨くと、歯のエナメル質が傷つき凹凸ができます。
その傷ついた歯の表面にまた新たな汚れが入り込みやすくなるので、ソフトタッチを心がけましょう。

3-3. ステインを浮かせて取る成分の入った歯磨き粉やホワイトニングジェルを使う

毎日の歯磨きにステインを浮かせて取る成分が入った歯磨き粉やホワイトニングジェルを取り入れましょう。
ステインが定着するにはある程度の時間がかかるので、その前に毎日の歯磨きでこまめにステインを落とし白い歯をキープするようにしましょう。

4.白い歯をキープできる薬用ちゅらトゥースホワイトニングとは

白い歯をキープするためにおススメのホワイトニングジェルが「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」です。朝晩と1日2回使用しても133円ですみ経済的です。
chura04

厚生労働省が認定した医薬部外品で、歯のエナメル質を傷つけることなく汚れだけを浮かせて落とします。
更に、汚れが再びつかないように「リンゴ酸」を配合することで、虫歯や歯周病、歯肉炎、口臭予防も期待できます。

<白い歯に導く有効成分配合>
・ヤニ汚れなどの黄ばみを除去する「ポリアスパラギン酸」
・歯に付着した汚れを落とす「リンゴ酸」
・虫歯や歯周病を予防する「GTO」

5.薬用ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ

<想像以上に汚れが落ちた>
★★★★★
「ホントに白くなるの?」半信半疑で使い始めた「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」でしたが、予想外の色の違いにビックリ!嬉しい反面、こんなにも自分の歯が汚れていたことにショックでした。
<家族みんなで使えるホワイトニング>
★★★★☆
煙草のヤニが取れたらいいなと軽い気持ちで購入しましたが、虫歯や歯周病予防にもなると書いてあったので、今では家族みんなで使っています。
<歯医者に行かなくてもホワイトニングできた!>
★★★★★
歯医者に行かないとできないと思っていたホワイトニング。高いから諦めていたのに、この価格なら続けられそう。歯磨きの後にブラッシングするだけのお手軽さも魅力的。

6.薬用ちゅらトゥースホワイトニングの購入方法

chura05
「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」は、どこで購入できるのかを調べてみたら、薬局や楽天、アマゾンでは販売していませんでした。

公式サイトのみの販売でした。

「特別モニターコース」通常価格4,980円が、今なら…4,298円(税込)で購入することができます。
koushikib

7.薬用ちゅらトゥースホワイトニングの使い方

chura06
「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」の使い方はとても簡単です。

1日2回、朝晩の歯磨き後やランチ後の歯磨きタイムに、歯ブラシに「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」を付けて歯の表面全体をやさしくブラッシングするだけです。

最後に…水で軽く口をゆすいでブラッシングをするだけです。

koushikib

8.まとめ

ステインが気になる場合は歯科に行ってホワイトニングをするのが1番早い方法です。そしてその白くなった歯をキープするためには、毎日朝晩1回ずつ「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」でブラッシングする事が大事です。

値段も歯医者に比べたらお手頃価格ですし、毎日の歯磨きの後にブラッシングするだけなので簡単です。

歯の黄ばみが気になる人は、一度試してみてはどうでしょうか?

koushikib

 

投稿日:2016年10月9日 更新日:

Copyright© ステインを除去する歯磨き粉のおすすめは?|ステイン歯磨き粉ゼミ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

外為ジャパンの口コミ