歯の健康情報

歯ブラシと歯磨き粉の正しい選び方使い方

更新日:

歯ブラシの正しい選び方

毎日歯を磨いているという人がほとんどですが、正しい歯ブラシを選んで使っているという人は少ないです。いくら高価な歯ブラシを使っていても、選び方、使い方が間違っていますと、効果を発揮することはできないのです。
まず歯ブラシは一か月を目安に交換しましょう。見た目が広がっていたり、汚れていたら歯ブラシを換えるという人が多いですが、目で見えなくてもブラシの毛は劣化しています。
劣化しているブラシでは汚れを落としにくくなってしまいます。月始めや自分の覚えやすい日にちに交換すると決めておくと忘れません。歯ブラシの選び方ですが、できればブラシのヘッドは小さめのコンパクトタイプがおすすめです。大量販売されているものやアメニティーグッズなどのブラシは大きめが多いです。ヘッドが大きいと奥まで届きにくく、細かいところを磨くのには適していません。持ち手もなじみやすい細いタイプが良いです。かかりつけの歯医者さんがあるという人は、歯科医院で購入するのも良いでしょう。
歯医者さんでしか売っていない歯ブラシもあります。値段も市販品とかわらず、高品質のものも多いです。磨き方はごしごし磨きは禁物です。歯茎や歯を傷めてしまう原因になり、大きく動かすことで歯の汚れも残ってしまいます。一本ずつ細かく動かして磨きましょう。磨きのこしがないように奥歯から順番にぐるっと一周する磨き方がおすすめです。フッ素入りやホワイトニングジェルが含まれている歯磨き粉を使ってみても良いかもしれません。

 

歯磨き粉の正しい選び方使い方

歯ブラシだけでも歯の汚れなどを落とすことは可能です。しかし歯磨き粉を使用すれば、より多くの汚れを除去することが期待できます。更に歯磨き粉には、歯や歯肉などに良い影響を与えるとされている成分が含まれていることも多いです。

ですから、それらを利用すれば歯周の健康を保つことにも効果が期待できます。歯磨き粉の選び方のポイントとしては、そうした歯周の健康維持に対して効果が期待できる有効成分が配合されているかどうかが挙げられます。

たとえばフッ素です。この成分には、歯垢による酸の産出を抑制して、酸による歯の弱化を修復する機能があるとされています。この効果は、唯一、虫歯予防に対しても効果が期待できると認められているため、フッ素入りの歯磨き粉を利用するメリットはとても大きいと言うことができます。

更にミネラルも、選び方の中で重視したい成分のひとつです。これは、歯のダメージを修復するためにはミネラルが必要であるためです。それから歯磨き粉の中には、研磨剤や発泡剤など、使用感を良くするための成分が含まれていることも多くあります。しかしこれらは、量が過ぎると歯に対して良くない影響を与えることも懸念されます。ですからこれらの成分が、成分表示の前の方に記載されていないものを選ぶと言うのもポイントです。次に使い方です

。まずは歯磨き粉の流れを防ぐために、歯ブラシを濡らさないと言うことが挙げられます。また、あまりつけ過ぎないのもポイントです。そして歯を磨いた後、口の中をゆすぎ過ぎてしまうと、フッ素などの有効成分が落ちてしまいます。ですから少量の水などで、1回、ゆすぐようにするのがベストだと言われています。どうしても我慢できない場合は、30分以上経過してから、再度ゆすぐようにすると良いです。

-歯の健康情報

Copyright© ステイン歯磨き粉ゼミ , 2018 All Rights Reserved.