歯について気になる話題

赤ちゃんの離乳食に息を吹きかけるだけで虫歯が移る!キスでも移るのでご注意を

更新日:

キスで虫歯はうつる?

虫歯はキスで感染します。生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯の原因となる菌は存在しません。両親や祖父母などの周りの大人がみだりにキスをすると感染させてしまいます。

赤ちゃんはかわいいですし、まして自分たちの子供や孫であればキスだってしたくなりますが、虫歯になって欲しくないのであれば我慢も必要です。また、赤ちゃんの離乳食を冷ます際に、両親や祖父母などの大人がスプーンなどで離乳食を掬ってフウフウと息を吹きかけて冷ますことがよく見かけられます。

ですがこの息を吹きかける行為が、虫歯の原因となる菌を離乳食を介して赤ちゃんに感染させてしまいます。そのため、息を吹きかけて冷ますという行為も避けた方が良いとされています。

また、最近ではこの様な知識が赤ちゃんを持つ母親を中心にすでに広がっています。

そのため、良かれと思って息を吹きかけて離乳食を冷ましてあげたり、愛情表現としてチュウをしたりした他の家族や親族が母親に嫌われてしまうなど、家族内の不和の原因となってしまうこともあるので周りの大人は注意が必要です。

この様にして虫歯の原因となる菌から守られた子供も大人になると、彼女や彼氏とキスすることも出てくると思います。その相手が感染者だった場合、残念ですが、感染してしまうことも十分にあり得ます。そのため、日々の口腔ケアをしっかりとすることで菌に感染していても虫歯になってしまわないように注意する必要があります。

 

歯の食いしばりや歯ぎしりがもたらすトラブル

寝ている間に両あごにグッと力が入りっぱなしになる歯の食いしばりや、ギリギリと不快な音を立てる歯ぎしりといった症状は、日常生活で溜め込んだ過度のストレスやクセなどで引き起こります。

無意識に行われるものなので他人からの指摘で気がつくことがほとんどですが、歯の食いしばりや歯ぎしりは多くのトラブルにつながるため要注意です。

例えば度重なる症状によって歯の表面が擦り減ってしまうことがあり、知覚過敏が起こりやすくなります。またあまりに力が加わると歯が欠けたり割れたりする可能性もあるでしょう。

歯だけでなく、顎の筋肉にも負担がかかり顎関節症の症状が引き起こされることもあるため注意が必要です。毎日の就寝中にこれらの症状が起こるとぐっすり就寝することができなく、疲れやすさやだるさなども感じるでしょう。

また、過度の食いしばりや歯ぎしりは体のゆがみなどにもつながって頭痛などの体調不良を引き起こすこともあるため、気になる慢性的な症状がある場合はこれらの可能性を疑ってみることもおすすめです。 歯は食べ物を租借するだけでなく、体全体の健康をも左右する重要なパーツであるため、日ごろからクリニックに通ってメンテナンスを受けると安心です。

食いしばりや歯ぎしり対策として、就寝中にマウスピースを着用するという対処法もあるため、現状把握と同時にそれらの対処法を受けることも視野に入れ、医師に相談をするとよいでしょう。 そうすればトラブルの回避、予防につながります。

-歯について気になる話題

Copyright© ステイン歯磨き粉ゼミ , 2018 All Rights Reserved.