歯の健康情報

乳歯の歯磨きのやり方とは?永久歯の歯磨きとの違いに注意

更新日:

乳歯の生え方と歯磨き方法

赤ちゃんの歯は乳歯と呼ばれ、大人の歯である永久歯とは生え方など様々な違いがあります。乳歯の生え方としては一般的には生後半年から9ヶ月頃に生え始め、2歳半ごろまでに20本の歯が生え揃います。歯が生えてくるタイミングには個人差が大きく、生後6ヶ月を過ぎてもまったく歯が生えてこない子もいれば、生後3ヶ月で生えてくる子もいます。また3歳半ごろにようやくすべての乳歯が生え揃う子もいます。

子供の歯磨きは、健康な歯や口腔内を保つためにかかせないものです。歯磨きの技術だけでなく、習慣づけをすることが最も大切であるといえます。乳歯の正しい歯磨き方法としては、使用するものはハブラシ、ハミガキ粉、フロスがあればよいでしょう。ハブラシは自分で磨くものと大人が仕上げを行うものと2種類用意をしましょう。

子供の場合はハミガキ粉は使用しなくても、水だけでもきれいに磨くことができます。しかしハミガキ粉には歯質を強化するフッ素などが配合されているなどの利点もあります。

歯の正しい磨き方は年齢に応じて異なります。年齢に応じて虫歯になりやすい箇所が変わってくるので注しましょう。

まず前歯が生え始めるころは、母乳やミルクだけの摂取であれば虫歯の心配はあまりありません。奥歯の生え始めや歯が生え揃う時期は上の前歯の間や奥歯の溝が虫歯になりやすくなります。さらに歯が完全に生えると奥歯の間が虫歯になりやすくなります。これらの転に気を付け、虫歯になりやすい箇所は丁寧に磨くことを心掛けましょう。

 

永久歯の生え方と歯磨き方法

乳歯から永久歯への生え変わりは、およそ6歳ころに始まって12歳くらいまで続きます。また、親知らず以外の永久歯の生え変わりが完了するのは、およそ14歳前後だといわれています。生え方の順番としては、個人差はありますが、下の前歯から始まるのが一般的です。

なお、同時期には、今まで乳歯が生えていなかった場所へ、6歳臼歯と呼ばれている大臼歯が生えます。次に、上の前歯が抜けて、永久歯との生え変わりへと続きます。その後は、前歯から順番に奥歯へと生え変わりが続くのですが、10歳から11歳前後には、奥歯までの乳歯のほとんどは抜けてしまいます。そして、12歳から14歳くらいまでを一応のめどとして、永久歯への置換となるのです。

このように、入試から永久歯への生え方は、決まった形で自然とおこなわれていくのです。ところで、生え変わりの時期は、歯の大きさも高さもさまざまな状態になっているため、口腔内の清潔を保つのが容易ではありません。小さなときから、歯磨きをきちんとしてきた子供でも、生え変わりによって歯茎などが痛んだり、出血したり、いろいろなことが起こりやすい時期ですから、歯磨きを嫌がる場合もあるでしょう。しかし、この時期は、歯のバランスが悪いだけに、磨き残しも多く、汚れも落としにくい状態が続きます。

そこで、いつも以上に食後の歯磨きに注意を払うとともに、時間もかけて丁寧に歯と歯茎のケアをおこなっていく必要があるでしょう。

-歯の健康情報

Copyright© ステイン歯磨き粉ゼミ , 2018 All Rights Reserved.