ホワイトニング情報

ホワイトニングの種類は何がある?

更新日:

歯の黄ばみやくすみはステインが原因

磨いてもなかなか落ちない歯の黄ばみやくすみ。その原因の一つにステインがあります。ステインとは歯の着色汚れのことで、コーヒーや紅茶、タバコのヤニなどがステインになりやすい物質として知られています。これらは一度歯についてしまうと通常の歯みがきでは落とすことができません。

歯を白くしたいけどコーヒーやタバコがやめられない、という人におすすめなのが歯科医院で行っているホワイトニングです。プロの技術によるホワイトニングなら、ステインを落としてきれいな白い歯にすることができます。 ホワイトニングには大きく分けて二つの種類があります。

一つはオフィスホワイトニングです。これは歯科医院で行うもので、薬剤を歯に塗布した上から特殊な光を当てるという方法です。即効性があり非常に効果が高いのが特徴です。

もう一つはホームホワイトニングです。これは歯科医院でマウスピースを作成してもらい、薬剤をそこに入れて歯に装着するという方法です。

自宅でできるので通院の手間はありませんが効果が出るまでに少し時間がかかるというデメリットがあります。 もう少し気軽にホワイトニングしたいという人にはホワイトニングジェルがおすすめです。

使い方は歯みがきの後に歯ブラシにつけて軽くブラッシングするもの、またマウスピースを使用するものもあります。最近は市販のものでもかなり効果が高いものが出ており、しっかりケアすれば白く美しい歯を手に入れることができます。

 

重曹ホワイトニングは効果ある?

歯のホワイトニングに重曹は効果があるのでしょうか。

黄ばみを取る研磨剤としてなら効果があると言えます。ただそれは人体への影響を配慮しない場合です。重曹で磨くと表面のエナメル質を削って痛める可能性があります。

エナメル質は歯の再石灰化をして虫歯にならない様にしています。重曹はアルカリ性であり、食べかすなどが吸着しやすくなります。

きちんと磨いていたとしても汚れがつきやすくなると歯周病になるリスクが上がりやすくなります。また研磨し過ぎて傷つけ過ぎると、修復時に更に黄ばみなどの汚れを吸着する可能性があります。重曹は洗浄力からうがいなどには推奨されますが、磨くには口内などには強すぎて炎症を及ぼす可能性もあります。

ホワイトニングするには、人体への影響を考えて成分を調整しなければなりません。完全なホワイトニングする時は医療機関で調整された過酸化水素水を塗ってもらえます。その後丸一日の食事などの生活指導も、きちんと受けることが出来ます。

黄ばみの原因となるタバコなどは特にホワイトニング後には特に影響します。白さを保ちたいのであれば、今後もコーヒーや紅茶などは遠ざけた方が良い場合もあります。また市販の歯磨き粉の中にはホワイトニング効果の高い物があります。

研磨剤の粒子も細かい為に歯を傷つけ過ぎない様に配慮されています。ハイドロキシアパタイトなどの再石灰化に働きかける成分も配合されています。研磨した分のダメージを修復しやすい様にされているのです。

-ホワイトニング情報

Copyright© ステイン歯磨き粉ゼミ , 2018 All Rights Reserved.