歯の健康情報

虫歯予防のための正しい歯磨きのコツ

更新日:

虫歯予防のポイント

虫歯を予防するには何と言っても歯磨きが一番です。正しい磨き方で食べかすなどの汚れをキチンと取り除けば、細菌の増殖を抑えることができます。
とはいえ毎回毎回、隅々までブラシを届かせるのは簡単なことではありません。歯並びが悪かったり、ブリッジやインプラントを入れていたりすると、死角になる部分が多く、ますます口の中を清掃しにくくなります。また細菌が固まって膜のように付着したバイオフィルムは、通常のブラッシングだけでは落とすことができません。

PMTCを取り入れよう

こうした頑固な汚れを落とすために、専門のクリニックではPMTC(プロフェッショナル・メディカル・トゥース・クリーニング)を行なっています。
PMTCは歯科医師やスタッフが、特殊な器具や研磨剤を使って、口全体をクリーニングするサービスです。専門的な訓練を受けた人だけが実施できる施術で、普段は手の届かない部分まで徹底的に清掃するのが特徴です。磨き残した部分を染色して確認したり、ブラッシングの指導を行なったり、表面にフッ素を塗布したりする場合もあります。
定期的にPMTCを行なうことで、虫歯や歯周病を効果的に予防することができます。また早期発見にも繋がるので、たとえ治療するにしても痛みや費用を抑えられることになり、結果的に負担を軽くできます。PMTCは保険適用の場合と自由診療の場合があり、クリニックによって異なるので、費用について疑問があれば問い合わせてみましょう。

正しい歯磨きのコツ

食べ物を味わう時、人は舌だけでなく、口の中全体でその香りや感触、味を楽しみます。もちろん、歯もその大切な役割のひとつです。
できればいつまでも自分の歯で、美味しく食べ物を味わいたいものです。歯を健康な状態で保つためには、カルシウムの多く含まれた食物をとることや、正しい方法で歯磨きをすることが重要です。特に歯磨きの方法については、無意識にブラッシングしてしまう方が多いので、そうならないように心がけることが重要になってきます。

ゴシゴシ磨きはやめよう

無意識に歯を磨いていると、一部の歯ばかりを重点的に磨いてしまったり、ブラッシングに力をかけすぎて、歯や歯茎を傷つけたり、けずってしまうことすらあるのです。そのためにまず歯ブラシの持ち方から改善するようにします。歯ブラシは端を持つように持つことで、必要以上の力が加わるのを防ぐことが出来ます。そして、一度に何本もの歯を磨くのではなく、一本一本を丁寧に磨くイメージでブラッシングをするようにします。。
歯ブラシの角度は、歯茎と歯の境目に45度の角度で当てるようにします。こうすることで、汚れのたまりやすい部分をきれいにすることができます。できればこれにプラスして、糸ようじや歯間ブラシを使うと良いです。そしてすすぎをしっかりと行います。このように丁寧に歯磨きをすることで、歯を健康にするだけでなく、歯周病なども予防できます。歯周病は口臭の原因にもなりますので、日常からこのように正しい歯磨きをすることで防いでいくことが大切です。

-歯の健康情報

Copyright© ステイン歯磨き粉ゼミ , 2018 All Rights Reserved.